痛みの原因ってなんだろな?

こんにちは。日下です。

 

誰しもが痛みを感じることがあります。

 

例えば、転んで膝を擦りむいた場合、膝の傷は痛くなりますね。

 

これは出血による痛みとなります。

 

出血していますので、当然痛みの原因は出血部位となります。

 

 

しかしながら、私たちが過ごしている日常の中では、
なぜか知らないけれど膝が痛くなることもあります。

 

 

これは、日ごろの生活による膝への負担が大きくなっていくことで、積もり積もって起こる痛みです。

 

 

では、その原因はいったいどこにあるのでしょう?

 

 

「膝が痛いのだから、膝に原因がある。」

 

 

もちろんそういうこともあります。

 

 

変形性膝関節症という病態をご存知でしょうか?

 

簡単に言うと、
膝の関節が壊れてしまうことで、膝関節の隙間がなくなっていき、動きが悪くなる状態です。

 

病院に行くと
「歳とって膝の関節の隙間がなくなってるね。」

 

なんて言われることもあります。

 

 

「関節の隙間がなくなって、骨がぶつかるんだから、さぞかし痛くなるだろう」

 

と思う方は多くいるかと思います。

 

 

実はこの変形性関節症は

 

痛みを伴うことはほとんどない

 

ということは知っていましたか?

 

 

そうなんです。

 

変形性膝関節症になっても、それそのものは痛くないのです。

 

 

「でも膝が痛いのだけど」

 

お気づきかもしれませんが、それは膝の変形が原因ではなく、

 

膝に負担がかかっていることが原因です。

 

 

そのため、なぜ膝に負担がかかっているかがわからなければ、痛みが引かないのです。

 

 

痛みは身体からのサインです。

 

危険信号を送っているのです。

 

 

その身体の使い方をしていたら大変なことになるよ!

 

と身体が教えてくれているのです。

 

 

その原因を探っていくことが、痛みをとる重要なポイントになるわけです。

 

 

ほとんどの病院では、その原因までを突き止めようとしません。

 

膝が痛いからのは太ももの筋肉が張っているからと言われ、太もものマッサージをするのもいいですが、

 

太ももが張っていることの原因は何かをきちんと考えたいものですね。

 

理学療術院MIOKAZE

〒321-0169

宇都宮市八千代2丁目15-16

050-5329-4868

営業時間:10:00~22:00

定休日:不定休