ダイエットに必要なのは、食事制限?

日下
こんにちは日下です。

ダイエットにお悩みの方が多い季節です。

今回はダイエットに食事制限は必要かというお話です。

 

食事制限すると確かに痩せる

食事制限をすると、それまで摂取していたエネルギーだけでは足りないため、身体の脂肪を分解してエネルギーにします。

 

それを考えると、結果としては間違いなく痩せます。

 

しかし、必要な栄養分がとれていないことを考えると、ある意味では

痩せる

というより

やつれるといってもいいかもしれません。

 

よく入院された方で、体重が減ったことで

「わたし痩せたわ」

という方の

がいますが、それは間違いなくやつれているだけです。

 

この間違いを理解しないで食事制限をすると、大変なことになります。

 

食事制限によるメリット

痩せるスピードが早い

食事制限のメリットとしては何と言っても痩せるスピードでしょう。

摂取カロリーが低いのですから、それだけ早く痩せます。

 

期間がないときに、体重をどうしても落としたいというときは、

ファスティングといわれる置き換えダイエットをしてもいいかもしれません。

 

食事制限によるデメリット

筋肉が痩せる可能性がある

食事制限で注意しておきたいのが、必要な栄養素をとることです。

食事制限を始めると身体は今まで摂取されていたときと比べて、足りない栄養に危機感を覚えます

 

足りない栄養を身体のありとあらゆるところから得ようとするため、

脂肪だけではなく筋肉まで分解されてしまいます。

 

きちんと筋肉になる栄養をとらないと、脂肪だけではなく筋肉まで痩せてしまいます。

 

リバウンドしやすい

食事制限をすると身体は

「いま栄養が足りない状態だ。摂取できる環境じゃない。」

と勘違いしてしまい、摂取したものから極力多くの栄養を取り入れようとします。

 

そのため、制限した食事を戻すと、今まで以上に多くの栄養を摂取するため、

一気にリバウンドします

 

さらに、栄養が足りない飢餓状態だと勘違いしているので、

極力消耗をしないようにもします。

 

ゆえに痩せづらい身体になってしまいます

 

単純に辛い

食事というのは、人間のもっとも根本的にある欲求の一つです。

それが満足にできないとなると、身体や精神的なストレスは計り知れません。

 

食事制限によって、栄養の面だけではなく、心の面でも問題が起こってしまうことは多々あるケースです。

 

心と身体はつながっているとよく言いますが、気を付けないと思わぬ不具合が生じるかもしれません。

 

 

食事制限はキープできなきゃやらないほうがいい

結論をいうなら、食事制限は極力しない方がいいです。

 

もしもするなら、食事制限後の食生活が当たり前な日常にする覚悟を持った方がいいです。

 

でないと、身体面や精神面で思わぬ悪いことが起こるかもしれません。

 

しかし、今回話したケースは、ほとんどが極端な食事制限です。

 

徐々に食事に制限をかけていけば、上記のようなデメリットを回避することもできます。

 

自分の身体とよく相談しながらダイエットに励んでいただければと思います。

 

理学療術院MIOKAZE

〒321-0169

宇都宮市八千代2丁目15-16

050-5329-4868

営業時間:10:00~22:00

定休日:不定休